ここでは、WW2のドイツ軍が使用した対戦 車兵器、パンツァーファウスト30を展示しています。
  
はじめに

今回は、戦時中の対戦車兵器取扱い説明教材、”149b Panzernachkampfwaffen”(ガラスに挟まれたスライドになっている物)からパンツァー ファウスト30の取扱いを中心に紹介する。
 
パンツァーファウスト30は、ファウストパトローネ2とも言われ、ファウストパトローネ 1(パンツァーファウスト30クライン)の威力を向上させたタイプで、命中すれば殆ど全ての戦車を撃破する性能を持っていたが、初速が遅い弾頭を、動く戦 車に命中させるのは簡単では無かった。

   
Panzernachkampfwaffenから
   
パンツァーファウスト30
 
データ
 
射程距離 :30m(最大射程 :40m)
 
総重量 : 5,22kg
 
弾頭重量 :3kg
 
弾頭直径 :150mm
 
初速 : 30m/秒
 
貫通性能 :命中角30度で200mm
信管の挿入
 
パンツァーファウストシリーズは、輸送時等の安全性確保の為、使用時に信管を弾頭に挿入 する様になっていた。
 
これは手榴弾でも同じであったが、信管は運搬用木箱に同梱されていた。
 
写真は、弾頭部にこれから信管を挿入しようとしているショット。
各部の名称

この画像では、発射筒の各部名称を説明している。
 
Rohr :発射筒
 
Visier :照尺(サイト)
 
Ausloeseknopf :発射ボタン
 
Spannvorrichtung :撃鉄を起す装置(ボルト)
 
Sicherungsfluegel :安全装置レバー

 
発射の手順
 
写真は、弾頭部と発射筒の接続部を撮った物で、運搬時にはこの様に針金製安全ピンが入れ られている。
 
射撃準備は弾頭に信管を挿入した後、この安全ピンを引き抜く事から始まる。
 
この安全ピンは弾頭部と発射筒をサイトで固定している。
 
Vorstecker :差込み栓(安全ピン)

 

発射の手順
 
これは、安全ピンを引き抜いた後に、サイトを起こし、更にボルトを前進させ、撃発用バネ を縮める操作をしているショット。
 
この写真では、サイトの直ぐ後ろにある発射ボタンがまだ引っ込んだ状態である。
 
ボルトを完全に押し込むと発射ボタンがセットされ、下の画像の状態になる。
 
Spannen :撃鉄を起す。(バネを縮める)
発射の手順

発射準備の最終段階として、ボルトを左に回転させて、安全装置を解除する。
 
Entsichern :安全装置を解除する。

発射中止の手順
 
写真は一度セットされた発射ボタンの解除動作を示すもので、ボルトを前進させている。
 
この状態では丸印に囲まれた発射ボタンは撃発準備位置にある。
 
Entspannen :撃鉄の解除。
発射中止の手順
 
上の動作に続いて、発射ボタンを押しながら(写真中の黒矢印)ボルトを戻せば(写真中の 白矢印)、発射ボタンはリセットされる事を示している。
 
Entspannen :撃鉄の解除。
ディティール
 
この写真では発射ボタンはセットされているが、まだ安全装置がかかっている状態。
 
gespannt :撃鉄が起された状態。
 
gesichert :安全な状態。
ディティール
 
この写真は安全装置も解除され、発射ボタンを押せば撃てる状態。
 
gespannt :撃鉄が起された状態。
 
entsichert :安全装置が解除された状態。
ディティール
 
この写真は発射ボタンもリセットされ、安全装置もかかった状態。
 
entspannt :撃鉄が起されていない状態。
 
gesichert :安全な状態。
照準
 
写真は、30m先の敵戦車(T34/76) を狙った様子を示す物である。
 
パンツァーファウストの弾頭の直径が15cmである事を考えると、30m先の戦車がかな り大きく見える事がわかる。
 
しかし、撃ち出された弾頭の初速は30m/秒なので、時速30kmで戦車が移動していれ ば、1秒間に8,33m動く計算になり、動きを見越した偏差射撃が必要になる。
照準
 
これは、照尺(サイト)のディティールである。
 
パンツァーファウスト30の初期型では上の写真の様に、30mのみであったサイトが、後 期型では20mと40m用の穴が追加されている。
 
40mは最大射程ではあるが、初速が30m/秒の弾頭では、前述の様に動いている戦車を 狙うのは決して簡単では無かったとの事である。
発射
 
写真は、発射ボタンを押す動作を写したもので、この直後に弾頭が30m/秒で飛び出す。
 
余談ではあるが、今回使用した対戦車近接戦闘”149b Panzernachkampfwaffen”マニュアルでは、パンツァーファウスト60から始まっており、発射時の後方ガスに付いては、そちらに詳しく 説明されている。
 
これについては、パンツァーファウスト60のコンテンツで、あらためて紹介する事にする。
  
   
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2001  STEINER

24.Oct.2001 公開
inserted by FC2 system