ここでは、WW2のドイツ軍が使用した柄付 手榴弾用破片効果増加アタッチメントを展示しています。
  
はじめに

ドイツ軍の手榴弾は基本的に攻撃用手榴弾に分類されているが、これは弾頭部の外皮 が薄い鋼板で作られており、破片効果では無く炸薬の爆発による爆風で敵をなぎ倒す様に設計されている事から、投擲する本人が充分に遮蔽されていない状況で も使用出来る事に由来している。
しかし、戦争が長期化すると共にドイツ軍の戦闘行動が攻撃だけでは無く、防護戦闘となる 局面が増えた為に、既存の手榴弾に破片効果をアップさせるアタッチメントが開発支給される事になった。
本コンテンツでは3種類作られた破片効果増加アタッチメントの中から” Splitterring aus glattenm Eisenblech”と呼ばれていたアイテムを紹介する。本コンテンツを制作するにあたり、貴重なアイテムを取材させて下さった、フライングフォートレ スの山田氏に感謝の意を表します。

  
 
 
 
24年型柄付手榴弾と破片効果増加アタッチメント

写真上は破片効果増加アタッチメントを取付けた状態の24年型柄付手榴弾。
これは、東部戦線よりロシア軍のRGD 33手榴弾が有効であるとの報告を受け、1942年に開発された。
 

 

 
 取材協力:フライングフォートレス
破片効果増加アタッチメント
 
写真は、破片効果増加アタッチメントを取付けた状態の弾頭部のアップ。
この破片効果増加アタッチメントは、鋼製パイプに縦に切れ目を入れた物で、簡単に脱着で きる様に作られている。
 
 
破片効果増加アタッチメント
 
破片効果増加アタッチメントは、陸軍兵器局とSSの兵器局で各々別の物が開発されたが、 これは陸軍の物より先に、SS兵器局のゲルトナーSS准将の元で完成されたアタッチメントである。
この破片効果増加アタッチメントは鋼製パイプに縦に切れ目を入れた物で、アタッチメント 自体が手榴弾の弾頭を締め付ける様に作られていた。
これらのアタッチメントはどちらで開発したと言う区別は無く双方に支給使用された。
1943年12月8日付け通達で、陸軍では柄付き手榴弾の1/3に、この破片効果増加ア タッチメントを取付ける事とした。
 
 
ディティール
 
側方より見たアタッチメント。
このアタッチメントは、前述の様に鋼鈑を曲げただけの簡単な作りであるが、その目的は充分に果したそうである。
因みに手榴弾の中には、表面に溝を切ってある物もあるが、あれは爆発時の破片効果には全く関係無く、むしろ投擲時のすべり止としての役 割があった事から考えると、このアタッチメントの設計が極めて合理的であった事がわかる。
 
 
ディティール
 
上方より見たアタッチメント。
余談ではあるが、このタイプのアタッチメントには、メーカーコードや製造年等の刻印も無く、なんの変哲もない鉄片に見えるため、この様 に残存するケースは稀で、今では結構レアなアイテムとなっている。
  
  
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2003  STEINER

17.Feb.2003 公開
inserted by FC2 system