ここでは、WW2のドイツ軍が使用した半自 動小銃G41(W)を展示しています。
  
 
はじめに
 
今回は、、ドイツの半自動小銃Gewehr41(W)の無可動実銃を紹介する。
ドイツ陸軍の歩兵師団では、火力の主役はLMG:軽機関銃とSMG:重機関銃に置かれて おり、また当時の主力小銃Kar98の完成度が高かった事もあり、半自動小銃の開発は遅れていた。これは生産体制に及ぼす影響も考えると妥当な事ではあっ たが、戦争が実際に始まると前線からの要望もあり、1939年に陸軍兵器局はヴァルター社とマウザー社に実験用半自動小銃の開発を要請した。こうして開発 されたのがGewehr41(G41)で、ヴァルター社の物をG41(W)、マウザー社の物をG41(M)と区別した。この2種類の半自動小銃はバング・ システムと言う銃口部のカップで発射ガスを偏向させ、そのエネルギーでボルトを作動させるシステムを採用していたが、このシステムは銃口部が重くなり、ま た生産コストも高くなる等の欠点があった。結果的にはマウザー社のG41(M)は不採用となり、ヴァルター社のG41(W)が採用され、1944年のはじ めに生産が終了されるまでにおよそ13万丁が作られ、その多くは東部戦線で使用された。
G41の欠点を改良すべく開発されたのがG43であるが、G41をそのまま進化させるのでは無く、既に1930年代から使われていたロシアのトカレフ半自動小銃のガス作動機構が採用された。
 
本コンテンツを制作するにあたり、貴重なコレクションの画像と情報を提供して下さった TOMO氏に、この場であらためて感謝の意を表します。
 
  
G41(W)・K43の比較
  
 
 
 TOMO氏コレクション
 
比較写真
 
この比較写真は、上から、G41(W)初期型(ac:ヴァルター社製)、G41後期型(duv:ベルリナー・リューベッカー・マシン ファブリック社1943年製)、比較のためのK43(ac:ヴァルター社1945年製)である。

 G41(W)のデータ
 
 口径  : 7,92mm
 全長  : 1124mm
 銃身長 : 546mm
 重量  : 4,7kg
 装弾数 : 10発

 
 
 
G41(W)はドイツ軍がはじめて導入した半自動小銃であったが、1930年代より実用化されていたアメリカのガーランド半自動小銃 や、ロシアのシモノフ・トカレフ等の半自動小銃と比べると、作動方式の違いが原因となる作動不良も多く、これを解決する事が出来なかった。また、生産コス トもKar98kの2倍と高価であったため、次期主力小銃の座を得るには至らなかった。
 
  
各部のディティール
  
 

 
 
銃口部とクリーニングロッド
 
写真は左側面から見た銃口部である。
G41の銃口部は、前述のバング・システムの為のマズルブラストコーン等の部品を内蔵しているので、外観上は銃身が太く見える。
 
ディティール
 
サイト基部にシリアルナンバーの刻印5276が打刻されている。
 
これはac製のG41の方で、主要部品にはシリアルナンバーが打ってある。(duv43の方にもシリアルナンバー9671gの打刻があ る)。だいぶ使い込まれてブルーが剥げている。
ディティール
 
着剣装置基部のバンドにもシリアルナンバー5276が打刻されている。
ディティール
 
右斜め前から見た銃口部。
 
G/K43のフロントサイトガードはMP44にも一部使用されている丈の高いものであるが、このG41のものはK98kと同じ寸法であ る。(背の高いサイトガードが付けられた物もある)
これは戦場で泥や埃を取り除く際の利便性を考慮し、後に改良された物と思われる。
ディティール
 
銃口部キャップ下側にもシリアルナンバー5276とヴァッフェンアムトが打刻されてい る。
 
また、クリーニングロッド先端のホール内に、ネジ山が切られているのに注意。
 
ディティール
 
右後方から見たフロントサイト。
フロントサイト基部後側には溝切り加工が施されているが、これは日光が反射して照準を妨げる事を防ぐのが目的である。
実戦の写真ではしばしばフロントサイトガードが外されているが、実物のフロントサイトガードはかなりしっかりとしていて、少しぶつけた 程度では外れる事は無い。やはり泥等が詰ってしまった時に即座に取り除く事が出来る様に外されたのであろう。
 
ディティール
 
前方から見たフロントサイト。
 
フロントサイトは左右の調節が可能で、サイトが調整された位置で印が付けられている。下の円形の突起は緩み防止のバネ式ロックである。 G43とは異なり、MP44等と似たタイプが採用されている。
 
ディティール
 
銃口部を分解した状態。
 
これがG41の最大の特徴とも言える、銃口部内部の構造であるが、ここまでは工具なしでも簡単に分解出来る。フロントサイトのブロック の後ろにあるのがピストンリングで、本来は銃身の上にピストンロッドが配置されていたが、無可動銃では残念ながら除去されている。
 
また、このクリーニングロッドは、32cmの長い方のタイプである。
 
ハンドガードの比較
 
上からG41(ac)、G41(duv43)、一番下はK43(ac45)である。G41のハンドガードは全て樹脂製で、初期は黒色、 中期以降は茶色であった。茶色の物のは、色を見るとK43で使用されていたDurofolと似ているが、実際には材質は異なり木質繊維を補強材として混入 していない。
ディティール
 
バンド部のクローズアップ。
 
この様に主要な部品にはシリアルナンバー5276とヴァッフェンアムトが打刻されている。
ディティール
 
初期のハンドガードには、写真の様にシリアルナンバーが打刻されていた。銃本体のシリアルナンバー5276と異なる5203?が打刻さ れている。
  
続 き を 見 る
  
   
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2002  STEINER

27.Dec.2002 公開
13.May.2003 改定

  inserted by FC2 system