ここでは、WW2のドイツ軍が使用した MG34用ラフェッテ34を展示しています。
  
 
はじめに
 
今回は、MG34を重機関銃として運用する際に使用するアクセサリー、ラフェッテ34と望遠光学照準器MGZ34を紹介する。本コンテンツを制作するにあたり、ラフェッテ34を貸して下さったtoto7氏と、MGZ34とキャリングストラップ を貸して下さったH.TAMURA氏に、この場であらためて感謝の意を表します。
 
   
ラフェッテ34:Lafette 34
   
 
ラフェッテ34
 
ラフェッテ34はMG34用の三脚架で、MG34を重機関銃として運用する際に使用し た。このラフェッテ34と望遠光学照準器をセットする事で、MG34は長射程で連続射撃が可能な重機関銃として運用する事ができた。
ラフェッテ34と望遠光学照準器を使用した場合には、有効射程距離は3200mに達し、 極めて正確な射撃をする事ができた。また、このラフェッテ34には対空射撃用マウントも用意されており、対空照準器とドラムマガジンを併用する事で、対空 機関銃としても運用できる設計になっていた。これらのアクセサリーは、機関銃本体に改造を施す事無く、簡単に取り付ける事ができた
 
  
 

 
 toto7 氏コレクション
 
携行姿勢
 
ラフェッテ34はこの様に折畳み、一人で背負って携行する事が出来た。重量は約20kg ある。
 
以下は様々な角度から見た、携行姿勢のラフェッテ34である。
 

 
写真上:ラフェッテ34の前脚には、背負う時の為のパッドが付けられている。 写真上:この写真は、折畳んだラフェッテ34の遊架側を上にして置いた状態である。

写真左上:背負いパッド側から。
 
写真上:遊架側から。
 
写真左:両サイドから。
写真左上:後方(銃床側)より。
 
写真上:後方より。
 
写真左:前方(銃口側)より。
前方やや上方より
    
遊架手前には、MG34のバレルジャケットのマウントが、また右奥には望遠光学照準器用マウントが付けられている。
 
バレルジャケットのマウントには、後で詳しく紹介するが、銃身交換が素早く出来る機能もあり、複雑な作りになっている。
 
遊架の下に見えるのは、今回は紹介しないが、対空射撃用マウント取付け部である。

 
 H.TAMURA 氏コレクション
 
キャリングストラップ
 
これはラフェッテ用の負い革である。ラフェッテの重量が重いので、通常の銃器用の物より巾広に作られており、狭い部分で3cm、広い部 分は5cmある。
 
  
続  き を 見 る
  
  
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2002  STEINER

20.Nov.2002 公開
23.Dec.2002 改定
inserted by FC2 system