ここでは、WW2のドイツ軍が使用した機関 銃用ベルトリンクとスタータータブを展示しています。
  
 
はじめに
 
今回は、MG34/42に使用された、ベルトリンク(弾帯)とスタータータブを紹介する。
MG34はベルト給弾と専用ドラムマガジンによるスプリング式給弾(専用フィードカバー も必要)が出来たが、歩兵は一般的にベルト給弾で使用した。MG42では、全てこのベルト給弾で使用された。
(なお、コンテンツ画像の7,92mm弾はサムズミリタリ屋製のダミーカート使用しています。)
本コンテンツを制作するにあたり、貴重なコレクションの画像を提供して下さったMG34氏に、この場であらためて感謝の意を表します。
 
   
ベルトリンク:Zwischenstueck fuer 50patronen
   
 
ベルトリンクとスタータータブ
 
ベルトリンクも初期の33年型は250発で一本、約5mの長さがあったが、34年型で 50発分、長さも約1mとなり実用的に改良された。この34年型は弾薬を入れる事で連結出来る構造になっていて、理論的には何本でも連結する事が出来る。 このベルトリンクは機関銃を射撃すると銃の右側から排出されるが、射撃後も米軍のリンクの様にバラバラにはならず50発毎につながっているので、回収再使用は簡単に出来る様になっている。
  
 
7,92mm弾を装弾した状態
 
ドイツ軍の機関銃弾は、通常ベルトリンクに装弾していないバラの状態で補給されたため、使用済みのベルトリンクは回収再使用する事とさ れていた。また、ベルトリンクへの装弾の為の機材、装弾機も用意されており、前線部隊は戦闘の合間等にあらかじめ装弾しておく必要があった。
 
 
34年型ベルトリンク
 
MG34の採用と共に支給されたベルトリンクで、前述の様に1本に50発の実包を装弾す る。
画像の上方が弾頭、下側が薬莢で、下方に伸びているパーツの先端部が、薬莢のリムに噛む 作りになっている。
 
ディティール
 
上の34年型ベルトリンクのクローズアップ。
 
ベルトリンクは、接続部パーツ以外は全て同じ形状のパーツで作られている。個々のパーツの接続は丁度スケッチブックの様な作りで、鋼製 のスプリング状パーツを通して、スプリング状パーツの両端部を折り曲げる事で完成する。
41年型ベルトリンク
 
ベルトリンクは回収再使用を前提としている為、戦争が始まってから強度を増す改良が加え られた。
この41年型ベルトリンクには、補強の為のリブが施されており、34年型よりも変形しに くくなっている。
 
ディティール
 
上の41年型ベルトリンクのクローズアップ。
 
ベルトリンクの変形は、機関銃の装填不良につながる為、装弾時にはリンクに変形が無い事を確認する必要があったが、41年型ベルトリン クでは、その変形自体を減らす工夫がなされている。

 

ディティール
 
接続部のクローズアップ。
ベルトリンクの両端部は、この様に作られており、右側のタブを左側のスリットに差し込 み、実包を入れる事で連結する事が出来る。
ディティール

また、ベルトリンクに実包を装弾する際には、リンク自体をブラシ等で清掃する事とされていた。
 

ディティール
 
リンク自体は、薬莢を包み込む形で実包をホールドし、位置は薬莢のリムで合わせる様に作られているが、かなり固めに作られてい るので、簡単な振動程度で実包がずれたり、脱落する事はなかった。
刻印
 
ベルトリンクの接続部のタブには、製造年月とメーカーコード、ヴァッフェンアムトが打刻 されている。
 
このベルトリンクはメーカーコード”B”と1939年11月を示す数字”11.39”、 ヴァッフェンアムト:検査員番号”WaA642”が打刻されている。
 
この”B”はRheinmetall-Maget社のコードである。
 
刻印
 
このベルトリンクはメーカーコード”ST”と1940年1月を示す数字”1.40”、 ヴァッフェンアムト:検査員番号”WaA253”が打刻されている。
 
この”ST”はStocko社のコードである。
 
刻印
 
このベルトリンクはメーカーコード”B”と1940年8月を示す数字”8.40”、 ヴァッフェンアムト:検査員番号”WaA642”が打刻されている。
刻印
 
このベルトリンクはメーカーコード”dfb”と1941年11月を示す数字” 11.41”、ヴァッフェンアムト:検査員番号”WaA4”が打刻されている。
 
”dfb”は”Gustliff/Suhl社”のコードである。
 
因みにこのリンクのヴァッフェンアムト:WaA4は、戦前の”S: Simson&C社”の検査員をしていた事が判明している。
 
 MG34氏コレクション
刻印
 
これも1941年のベルトリンクの刻印である。
”dej”はSchwelm in WestfalenのSchwelmer Stahl- u. Eisen-Giesserei Gustav Schubeis, 社のメーカーコードである。
   
ベルトリンクのメーカーコード
 
B : Rheinmetall-Maget 社
BSW : Gustliff/Suhl 社
G : Gustliff/Suhl 社
dej : Schwelmer Stahl- u. Eisen-Giesserei Gustav Schubeis 社
dfb : Gustliff/Suh l社
ST : Stocko 社
cvo : Stocko 社
ara : Muhr & Bender 社
bkg : Gebruder Maerklin & Cie GmbH,Spielwarenfabrik 社
euh : Meinel-Schiler,CuW, Metallwarenfabrik 社
fem : Heinrich Huelter jnr Metallwarenfabrik 社
S : Simson & C 社
  
続 き を 見 る
  
   
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2002  STEINER

22.Oct.2002 公開
14.Jun.2003 改定
inserted by FC2 system