ここでは、MG42の無可動実銃の展示をしています。
   
はじめに
 
今回は、MG42を重機関銃として運用する際に使用するLafette 42:ラフェッテ42を紹介します。
画像の多くはサムズミリタリ屋主催のイベントで撮影した物で、HP掲載を許可して下さっ たコレクター諸氏に感謝の意を表しますと共に、貴重で詳細な情報を提供して下さったT氏には厚く御礼申し上げます。
   
Lafette 42:ラフェッテ42
 
ラフェッテ42はMG42用の三脚架で、MG42を重機関銃として運用する際に使用す る。(MG34用のラフェッテ34は揺架の銃本体取り付け部の形式が異なる為、共用出来ない。)
MG42は、ラフェッテ42に光学照準器を使用した場合の有効射程距離は3500mに達 すると言われている。
 
画像では水平射撃の姿勢にセットしてあるが、実際には対空用アダプターを取りつける事で 対空機銃架としても運用出来る設計になっている。
 
手前の弾薬箱はPatronenkasten 34で、50発のベルトリンク6本、300発の弾を収納する事が出来た。
 
弾薬箱の右奥に見えるのは、光学照準器のケース。
このケースには予備レンズや手入れ用のブラスも入れられており、通常は指揮官が携行し た。
Lafette 42:ラフェッテ42
 
ラフェッテ42はラフェッテ34同様、射撃時の銃の反動を吸収する揺架に機関銃を固定し てあり、極めて安定した射撃が出来る様に設計されており、MG42の場合は概ね12発の射撃で上下動が収まる様になっており、上下方向に適当に弾着が散布 される。
従って、左右に少し動かして連続射撃をすると面に対しての有効な弾幕を張る事が出来る様 に設計されている。
 
画像では2脚架(バイポット)が使用姿勢に装着されているが、収納姿勢にすると射撃時に 揺架と干渉してしまう為である。
(MG34ではバイポットは収納姿勢で装着しても干渉しない。)
 
重機関銃は通常機関銃陣地を構築して、陣地からあらかじめ射界のポイントとなる目印まで の距離を測量しておき、敵を待ち伏せると大きな威力を発揮出来たが、敵の目標にもなるため、充分な陣地が構築出来ない場合には、射撃後には直ちに場所を移 動する事が重要であった。
Lafette 42:ラフェッテ42
 
重機関銃で正確な射撃をする為には、ラフェッテを水平にセットする事が重要で、水準器を 見ながら3本の足の長さを調節してセッティングする必要がある。
 
また射界は後ろ足の間を動かすのみと限定されるので、あらかじめ設定した方向からいきな り現れた敵に対しては即応する事が難しいと言う欠点もあったが、正面から来る敵にとっては本当に恐ろしい威力を発揮する事が出来た。
 
画像は弾薬箱から8mmマウザーの弾帯をセットするSSの擲弾兵・・・実は私です (笑)。
 
またこの写真では2脚架が収納姿勢になっているが、このままで射撃すると揺架と2脚架が ぶつかってしまう・・・。
マニュアルから
 
MG42のマニュアルD 166/1 1943年9月2日版に掲載されているMG42とラフェッテ42の写真。
 
既に説明しているが、MG42の2脚架、また携行用スリングがトリガーグリップ部から外 されている状態になっている事に注目して欲しい。
 
このページには以下の様なキャプションが付けられている。
 
MG 42 als s MG auf MG-Lafette 42

Anmerkung:An Stelle des in Fortfall gekommenn
Rueckstossverstaerkers mit Muendungsbremse
tritt der Feuerdaempfer mit Duese

マニュアルから
 
これも同じマニュアルの右隣のページに掲載されている写真で対空3脚(左)と対空姿勢の ラフェッテ42(右)。
 
対空3脚はラフェッテに比べると構造も簡単で、軽量であるが実際にMGをセットすると非 常にバランスが良く、銃の取り回しが楽に行えるのに驚く。
 
また、対空3脚と言っても脚を短く縮める事で水平射撃にも使用出来るが、この場合は射界 を広く取る為に、銃口部のマウントを使用する事が有利でる。(ただしこの場合は、3脚を保持する兵が必要となるが)
 
ラフェッテはこの様に対空3脚としても使用出来るが、射手の立つ位置に脚が来た場合に は、やはり対空3脚の方が射撃しやすいだろう。
 
ラフェッテや対空3脚についてはドイツ軍の操典”REIBERT”にも各部名称や説明、 運用法等の記載があり、特に光学照準器に関してはかなり詳しい説明がなされている。
これらについても機会があれば紹介したいと思う。

このページには以下の様なキャプションが付けられている。
 
MG 42 zum Fliegerbeschuss aufgestellt

Anmerkung: An Stelle des in Fortfall gekommenen
Rueckstossverstaerkers mit Muendungsbremse
tritt der Feuerdaempfer mit Duese
 

34年式光学照準器:MG Zieleinrichtung 34
 
この写真に写っている光学照準器は初期型で、MG34のラフェッテと共に採用になった物 だが、接眼部の位置が高く、射手の頭部が敵から狙われやすいと言う欠点があった為1940年には接眼部の位置を下方に移動した新型の40年式光学照準器が 採用された。

照準器からコードが出ているが、これは夜間戦闘の時に使用するバッテリーに接続す る為の物で、これを使用する事で逆V字のサイトはオレンジ色に発光する仕組みになっている。
ただし、この夜間照準装置の光量は極めて少ない為、真っ暗でないと効果は確認できない。
 
光学照準器には接眼部と左側面に水準器が付けられていて、ラフェッテがきちんと水平に セッティングされているかどうかを確認出来る様になっている。
 
黒く見えるのが接眼部で、その右下の白い筒状の物が目標迄の距離を正確に合わせる距離微 調節ノブで、その右奥の黒いダイヤル状の物が大まかな距離を合わせる距離調節ノブ。

余談だが、画像のMG42の木製バットストックを見ると、埋木が施されている。こ れは材料の瑕疵を補う為に行われており、かなり手間をかけて作っていた事がわかる。
恐らくバットストックを割れない様な木目の材料で木取るのには、かなりの太さの原木が必 要な為、この様に手間をかけても木材を利用したのだと思われる。

34年式光学照準器:MG Zieleinrichtung 34
 
照準器を斜め前方より見る。
 
照準器の上の方に見えるのが、照準用レンズ部(対物鏡)。
その右側が夜間照準用のバッテリーケーブル。
バッテリーケーブルの下にあるノブは方向目盛の付いた、方向ダイヤル。
方向目盛は本体の胴の部分にも付いており、こちらで大まかな方向を定め、微調整を方向ダ イヤルで行う。
この方向目盛は主に移動目標を射撃する場合に使用した。
34年式光学照準器:MG Zieleinrichtung 34
 
斜め上方より見た光学照準器。
 
照準器右上に付いているノブはコリメーター。
コリメーターの下の胴に数字が打刻してある見えるが、これが大まかな方向目盛。
更に接眼部の下に左右方向の水平を見る水準器がある。
白いノブと、その脇に付いている黒いダイヤルは高低調節装置で、照準器自体の高低を調節 する。
後は銃架の高低ハンドルで目標を捕らえれば銃口が目標を捕らえる方向に向くようになって いる。
34年式光学照準器:MG Zieleinrichtung 34
 
光学照準器のディティール。
 
画像中央の白いノブは、照準高低微調節ノブで、目標迄の距離に応じて、照準器の微調整を する為の物。
調節ノブの上の方に”direkt:直接の”と言う文字が打刻されているのが見える。
 
接眼部の左側に前後方向用水準器が写っているのに注意。
射撃操作部
 
画像中央の白いプレートが付けられているのが射撃操作部で、左側に付けられているのが高 低調節ノブ。
 
右側のハンドルが左右方向調節用グリップで、その前のレバーがトリガーである。
ラフェッテにセットしたMG42の射撃は、このトリガーレバーを引く事によって行われ る。
また左右方向のガイドレールにはストッパーも付けられており、あらかじめ設定した射界の みを射撃する事が出来る。
ガイドレール中央に付けられたボックスはバッテリーケースで、光学照準器用バッテリーが 収納されている。
緒元表
 
ラフェッテに取り付けられている緒元表。
射撃目標までの距離50mから3100mまで確認出来る。
 
それにしても3kmも先の目標を有効射程に入れていると言うのは凄いとしか言えな い・・・。
 
緒元表のプレートが付けられている高低調節ギヤボックスの左側に付けられているのが高低 調節ノブで、右側にはトリガーハンドルが付けられている。
 
また、緒元表の上にあるハンドル状の物は”Fluegelmutter:蝶ねじ”と言 い、機関銃が求める高さに調節出来た時点で高さを固定する場合に締めつける。
   
続 き を 見 る
   
   
ホームに戻る
資 料館トップへ
資料館 別館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2000  STEINER

19.Aug.2000 公開
inserted by FC2 system