このページでは、武装親衛隊の戦車搭乗服を紹介します。
   
はじめに
 
今回は、SSの戦車搭乗服を紹介します。本コンテンツを制作するにあたり、貴重なアイテ ムを取材させて下さったクラウゼの山下氏に、この場で感謝の意を表します。
    
SS用戦車搭乗服
 
当初は陸軍の戦車搭乗服を使用していたSSも、1941年頃から独自の生産体制を整えて、SS型の戦車搭乗服を採用支給する様になっ た。
 
このSS用戦車搭乗服も1941年から本格稼動したSS被服廠で生産された物で、陸軍型の戦車・突撃砲搭乗服とは異なる型紙で作られて いる。
SS型の特徴は、一般的に陸軍型に比べて襟が小さく前合わせの裁断も真直ぐで、着丈が短め似作られている事と、背中が1枚の布から作ら れている事である。
 
襟のカットに関しては比較的尖った感じの物や丸みのある物等のバリエーションが存在するが、これは生産工場による違いと言われている。
SS用戦車搭乗服
 
陸軍型の戦車・突撃砲搭乗服と異なり、SS用のウール製戦車搭乗服はこの様に背中が1枚の布で作られている。
 
背中には2本のダーツが入れられており、脇の下の近く、腕ぐりからの前身ごろとの接合部 にはベルトフックが付けられる様になっている。
SS用戦車搭乗服の内装

この服の裏地は黒のコットン生地が使われている。
 
裏地は陸軍型と同様背中には施されていない。脇の下から下方に伸びているパーツはベルトフック取り付け部で、内装にはウエストを絞る紐 も付けられている。

   
各部のディティール
   
開襟着用

この服は、基本的に開襟着用する事になっていた為、下襟にはかなりしっかりした「シツケ」がされている。

SS下士官・兵用襟章と42年型兵用肩章

襟章のSSは本来LAHのみに使用が認められていたが、後にSSVTにも使用され る様になり、最終的には多くの武装親衛隊に着用されたが、いわゆる一般SS:アルゲマイネSSに使用される事は無かった。
また、戦争後半に編制された多くの外国人SS部隊の中には独自の襟章を制定したケースが あったが、その全貌は明らかになっていない。

肩章は42年型兵用肩章で、ピンクのパイピングの物を付けている他、LSSAHのス リップオンタブ(脱着式)を付けている。

SS下士官・兵用襟章
 
これは上の画像の襟章のアップであるが、黒のウール地に白の糸で刺繍された下士官・兵用襟章で、通常の野戦服に付けられている物と同じ である。
 
とは言っても、SSが戦車搭乗服専用の襟章を全く作らなかった訳では無く、限定的ではあるが、襟章の廻りにピンクの縁取りを施した襟章 の使用例も確認されてはいる。
SS Panzer兵用肩章
 
LSSAHのスリップオンタブを付けた兵用肩章。
陸軍のGD師団などでは割と末期まで肩章自体に直接刺繍された物が使用されたいたが、SSの場合ではこの様にLAHの組み文字は脱着式 に変更されている。野戦服ではカフタイトルは付けていない場合も多く見られるが、肩章に関しては末期でもこのタブは付けている事が多い。
SS下士官・兵用国家鷲章
 
わりと初期(1936〜37年頃)から見られる刺繍タイプのII型のSS下士官・兵用国 家鷲章。
 
SSの国家鷲章にも多くのバリエーションが存在するが、刺繍タイプの他にBEVOタイプ も作られており、黒地にライトグレーの糸で作られたBEVOタイプは1939年より、黒地にイエロータンの糸で織った夏服用は1943年から生産された。
ベルトフック金具取り付け部

ちょっと見えにくいが、戦車搭乗服もベルトフックが付けられる様に作られている。
 
位置としては脇の下にある前後の布地の接合部で、野戦服の様なホールはあけられていないが、フック金具を出すスリットが設けられてい る。

袖口

袖口には2ケのボタンが付けられていて、袖口を止める様に作られている。
 
この服では黒の樹脂製ボタンが使われている。

内装等
 
これは左前身ごろの裏側だが、ダブルの内側のボタンを留める為のホールが付けられたフ ラップ状の布が付けられている。これは、後期型の特徴と言われており、初期の物は布製のループが付けられていた。
 
また、この布製フラップは写真の様に、内ポケットに付けられている。
内装等
 
これは上の画像の下の方を写した物。
 
ウエスト絞りの紐や、ベルトフック取り付け部が写っている。
スタンプ

この四角で囲まれたVA-SSのスタンプはSS経理部:SS-Verwaltungsamtを示すスタンプである。
 
SS経理部は、SSの軍装製造を管理していた部局のことで、1942年に1月30日にはSS経済・管理本部:SS- Wirtschafts und Verwaltungs-Hauptamt・SS-WVHAに昇格している。この経済・管理本部ではB局が軍装を担当しており、SS経理部時代に引き続き SS被服廠とSS軍装品補給所の管理もしていた。

サイズスタンプ

41 40 90 70 がサイズを表す数値で単位はcm、部位は最初の41が襟 から腰までの長さ、40が首廻り、90が胸囲、70が袖丈である。
 
通常の野戦服では着丈もスタンプされているが、この服では略されている。

  
続 き を 見 る
  
   
ホームに戻る
資料 館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2002  STEINER

24.May.2002 公開
inserted by FC2 system