ここでは、戦時中のプライヴェート写真を軍装の観点から楽しんでみたいと思っております。
 
一枚の写真から・プライヴェート フォトを楽しもう!
  
 
はじめに
 
昨今のミリタリーイヴェントでは、戦時中のプライヴェート写真が売られている事があるが、戦車等の有名車両や有名人等が鮮明に写っていなければ意外に安く 入手出来る。実際殆どの写真は数百円といった値付けがされている。これらの写真はまず間違いなく未発表写真であり、市販されている写真集等では見る事が出 来ない写真である。しかし、キャプションが無い為、撮影時期や撮影場所等全くわからない事が多く、資料性は低いと言わざるを得ない。あとは、見る側がどの ように写真を見て、それらの写真をゴミ写真と判断するか、お宝写真と判断するかの問題である(笑)。今から紹介するのは軍装を中心にした写真の見方である が、これがまた私の様なコレクターにはなんとも楽しい世界なのである。
 
  
今回のお題
 
冬の塹壕かたこつぼの中で野戦電話をかける兵士達といったのが第一印象。
実は野戦電話のコンテンツを作る時にでも使おうかと思って購入したのだが・・・
原画は印画紙サイズで10,4cm×7,4cmと小さく、左の画像の2/3程度の大きさである。プライヴェートフォトの常としてキャプ ション等は一切無く、撮影時期も場所も全く判らない。早速スキャナで取り込み拡大してみると、意外に面白そうな写真であることが分かってきたので、単独で コンテンツを作ってみることにした。
まづは手前の兵士の軍装を観て見よう。この兵の野戦服はダークグリーンの襟に38年採用の襟章が付い ており、36年型野戦服を着ていると思われる。肩章は40年以降のフィールドグレーのタイプで部隊を表すスリップオンタブ (Aufschiebeschlaufen)が付けられている。これは前線での防諜上の理由から1940年1月4日付通達(HM40,Nr159)で、そ れまでは肩章自体に刺繍されていた物が写真の様に取り外しが出来る様に改正された。具体的にはこのスリップオンタブには・・・なんと!GWの文字と数字の 3?が!!。これはGranatwerfer bataillone:迫撃砲大隊を示すスリップオンタブという事で、軍装資料としても結構貴重な物である事が判った!。これで編成に詳しければ、迫撃砲 大隊をどのような師団が有していたかが判り、さらに面白い考証が出来るだろう。
この野戦電話をかけている兵士は、第二ボタンの位置から見て、40年型の野戦服に35若しくは40年型スチールヘルメットを着 用している。
電話の受話器の脇にちらっと見える襟章もかなり明るい色である事から38年もしくは40年型襟章を付けているようだ。国家鷲章は35年 タイプを付けている。
めがねは防毒面用官給眼鏡(Masken-Brille)の様で、これも着用例の写真は大変珍しい。
この兵士を見る限り、1940年から1941年の冬以降という事しかわからない。スチールヘルメットに偽装用の針金が付けられているの が興味深いが、雪の中でコートも着ていないのは訓練中か?。
と、ここまで見てきて、もう一度手前の兵士に目を向けると、どうもスチールヘルメットのエッジがシャープに感じて、拡大して見 てみたら、なんと42年型スチールヘルメットを被っている。42年型スチールヘルメットは1942年4月20日付(OKH/AHA Nr.4120/42)で採用になっているので、この写真の撮影時期は1942年から1943年にかけての冬以降という事になる。これで、スチールヘル メットの反対側が写っていて、デカールが無かったら1943年から1944年以降と言い切れるのだが、それにしては野戦服のタイプが旧式で、しかも末期に はスリップオンタブはあまり付けられていないので、やはり1942年から1943年にかけての冬という線が濃厚に思える。
ここまでが、軍装コレクターの限界(笑)。さて、貴方はもっと面白い写真の見方が出来ましたか?。
参 考 資 料
以下年代特定の参考になる徽章類
陸軍兵用襟章(野戦服用)
 
ヴァイマール共和国時代のライヒスヴェーア(国軍)で採用になった襟章で、センターに入っているラインがフィールドグレーであることが 特徴である。1936年にライヒスヴェーアがヴェーアマハト(国防軍)になるまで使用され続けた。ただし、古参の中にはヴェーアマハトになってからも、こ の襟章を好んで使用し続けた者もいた。
通常は写真の様に芯の入ったダークグリーンの台布に縫いつけられていた。
写真の物は兵科色が白なので、歩兵用である。
陸軍兵用襟章(野戦服用)
 
1935年9月10日付通達(HV35,Nr505)で採用になった襟章でセンターのラインが襟にあわせてダークグリーンに変更され た。これも兵科色は白の歩兵用の物である。1938年には各兵科共通の襟章が採用されたが、実際には戦争が始まってからも使用され続けていた。
陸軍兵用襟章(野戦服用)
 
この襟章は1938年11月26日付通達(HV38B、Nr。452ajで採用になった各兵科共通の襟章 (Einheitslitze)で上の襟章よりも明るいグレーになっている。襟章は野戦服の襟を作る段階で縫いつけられる為、兵科毎に生産する事を簡略化 する目的で作られたが、兵科色の入った襟章は在庫が使われ続けた為、1942年頃まで色々なパターンの襟章が混在していた。
なお、この襟章も台布に縫いつけられている物が多くあった。
サンプル画像無し
 
陸軍兵用襟章(野戦服用)

1940年5月9日付通達(HV40B,Nr314)により、襟章のラインがダークグリーンからマウスグレーに変更された。
これは野戦服自体の襟がダークグリーンから服と共生地のフィールドグレーに変更された事に伴う改正であったが、襟章自体は相変わらずラ イトグレーの視認性の良い物であった。
 

陸軍兵用襟章(野戦服用)
 
1940年末、実戦経験を元に野戦服に付ける徽章類の迷彩効果が検討され,襟章もフィールドグレー地にマウスグレーのラインの物が採用 された。この襟章は通常台布無しで襟に縫いつける事とされていた。資料によっては1940年末に生産が開始されたとあるが、詳細は不明。実際には1941 年頃から支給が開始された様で、42年型野戦服以降は殆どこのタイプの襟章が付けられていた。ただし42年以降も、特に44年型統一規格野戦服では在庫の 襟章がしばしば付けられているケースがある。
刺繍タイプの下士官・兵用国家鷲章
 
ライヒスヴェーアからヴェーアマハトになって、国家鷲章の下にハーケンクロイツが付くようになってから、様々なパターンの物が作られた が、これもその中の一つ。
刺繍タイプは主にダークグリーンのウール地に刺繍されており、初期の服に多く付けられた他、ダークグリーンの襟に改造された勤務服等に 好んで付ける兵士もいた。
BEVOタイプの下士官・兵用国家鷲章

1935年タイプの国家鷲章(Hoheitsabzeichen)ダークグリーン地にライトグレーの糸で織られている。
このタイプの前に(1934年)ライトグレー地にオフホワイトの糸で織られた物も作られていた。
国家鷲章も野戦服を作る段階で縫いつけられた為、服の裏側には糸が見えない。初期にはダークグリーンの台布を付けた物も付けられてい た。

BEVOタイプの下士官・兵用国家鷲章
 
1939年から1940年にかけて、野戦服の襟がダークグリーンからフィールドグレーに変更されたのに伴い、国家鷲章もフィールドグ レー地にライトグレーの糸で作られる様になった。
ただし国家鷲章も在庫が使われたので、1942年頃迄に生産された野戦服には、35年型国家鷲章が混在している。
BEVOタイプの下士官・兵用国家鷲章
 
1944年採用の簡略化タイプで、写真の様に逆三角形に折った状態で野戦服に縫いつける。
 
基本的には上の写真の物と同じデザインと色で作られているが、鷲の形に切らずに済むようにベースの部分が逆三角形に変更されている。主 に44年型統一規格野戦服に付けられた。
  
  
ホームに戻る
資料 館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の無断転載はお断りします。Copyright  2000  STEINER

12.Apr.2000 公開
inserted by FC2 system