ここでは、戦時中のドイツ軍の野戦食を様々な資料と写真で紹介します。
    
 
はじめに
 
今回は、野戦におけるドイツ兵の糧食の中心を担っていたコミスブロートと、それを製造していた製パン中隊に付いて紹介する。コミスブ ロート:Kommissbrotはいわゆる軍用パンの総称であり、形や大きさには結構バリエーションがあった事が写真等で確認できる。これらの軍用パンは 通常はライ麦パンの事をさしていて、常温でも保存できる様に硬めに焼かれていた。

野戦等では師団の管理部隊:Verwaltungs Truppeに配されていた製パン中隊:Baeckereikompanieが製造していたが、場合によっては中隊単位でパン焼き釜を作って製造する事も 想定されたいた。
日常的なドイツ人の食生活においてはジャガイモが果たす役割は非常に大きい事が有名であるが、ジャガイモは生食には適さない上に調理後 の保存性や輸送には問題があり、同じく炭水化物のパンは比較的早くエネルギーになる上に保存性や輸送に適している為、軍隊での食の中心に置かれていた。
 

  

 
陸軍第123歩兵師団 第123製パン中隊 (1941年の東部戦線)

(写真提供滝口氏)

製パン中隊
 
野戦兵站部:”Der Feld-
verpflegungsbeamte”の1942年版マニュアルには管理部隊の編制や展開に付いての記述もあり、製パン中隊に付いて も数種の編制例が図示されている。
 
自動車化された製パン中隊の編制図では、中隊長(将校1名)以下中隊付き輜重隊長1名(将校1名)、下士官22名、兵108名から構成 されている。
パン焼きトレーラーは第1小隊に2両、第2小隊に3両配備されており、この第1小隊と第2小隊の下士官は上級パン焼き兵と記され、各パ ン焼きトレーラーに2名が配されていた。小隊の兵はパン焼き兵と補助員からなり24名(3個分隊)編制になっていた。

 
陸軍第93歩兵師団 第193製パン中隊(1941年の東部戦線)
 
(写真提供滝口氏)
製パン中隊
 
製パン中隊の輜重部隊には、小型工作車を装備する修理部隊や給水車、大型のフィールドキッチン等も装備されていた。
製パン中隊は所属する師団の食の中心を担っており、通常は比較的安全な後方地域に展開していたが、戦局によっては通常の兵士同様武器を 取る事もあった。
写真はパン生地を練るミキサーと製パン中隊員を写したものであるが、15000人分のパン生地を毎日作るとなると、この様な設備も当然 必要となる。
こう言った写真を見ると、製パン中隊が大型発電機を装備していたのもうなずける。

 
陸軍第93歩兵師団 第193製パン中隊(1941年の東部戦線)
 
(写真提供滝口氏)
製パン中隊
 
これも上の写真と同じ製パン中隊の写真で、陸軍第93歩兵師団所属の第193製パン中隊を写した物である。
 
撮影は1941年のロシアであるが、上の写真とは異なりパン焼きトレーラーを入れる小屋をきちんと設営してある。部隊の移動速度が速い 時はなかなかこの様な設営も困難であった事だろう。
 
トレーラーの手前には作業台用の馬が置かれ、燃料用の薪が積み上げられているが、こうしてみると燃料用の薪の確保もかなりの作業であっ た事が想像出来る。
製パン中隊
 
野戦でパンを製造している製パン中隊。
 
写真には樹木で偽装されたパン焼きトレーラーと、製パン中隊の兵士達が写っている。製パン中隊は師団の食の中心を担っていた為、通常は 安全な後方地域に展開していたが、師団線区が安定していない場合はこの写真の様に厳重なカモフラージュが施された。
 
写真の右手前にはシートと樹木でカモフラージュされた、原材料のライ麦が入れられた布袋が写っている。

 
陸軍第19戦車師団所属の製パン中隊員
 
(写真提供滝口氏)
製パン中隊
 
これは焼きあがったコミスブロートを運ぶ陸軍第19戦車師団所属の製パン中隊の兵を写した写真である。このパン焼き兵は30kg前後は あると思われるコミスブロートを板に載せて運んでいるが、生成りのコットン製初期型作業着の肩に、肩を痛めない様にパッド状の物が付けられているのが興味 深い。また、この兵の作業着を良く見ると、右腰の貼り付けポケットの上に大きな継ぎ接ぎがあるが、日常的に火を使う為に焦がしたのかもしれない。余談では あるが、この作業着は前線では目立つのでフィールドグレーのヘリンボーン生地で作られた物が採用されてからは徐々に新型に更新された。
    
続きを見る
  
   
ホームに戻る
資料 館トップへ

本サイトに掲載されている文 章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2002  STEINER

27.Mar.2002 公開
inserted by FC2 system