ここでは、Kar98用銃剣と剣差しの展示をしていま す。
   
 
はじめに
 
ここでは、1934年以降に作られた二次戦タイプのKar98用銃剣と剣差しを紹介す る。
銃剣は小銃に着剣して白兵戦に使用するのがその本来の役割であるが、前線部隊では硬い地 面を掘る際に土を解したり、テントポールを打ち込むハンマー代わりに等にも使用されていた。
 
 
 
 
銃剣のバリエーション
 
銃剣も、生産年やメーカーによるバリエーションが多くあり、その全貌を紹介する事は不可能であるが、極めて大まかに見ると、木製グリッ プを付けたタイプと、ベークライト製グリップが付けられたタイプが生産されていた。1934年から1937年までは、全ての銃剣に木製グリップが付けられ ていたが、1937年にベークライト製グリップが採用された。しかし、1944年になると、ベークライトグリップの不足から、再び木製グリップを付けた銃 剣が生産されている。もう少し細かく見ると、メーカーによっては、鉄部がブルーフィニッシュでは無く、燐酸塩仕上げを採用した物、末期にはグリップをリ ベット留めにした銃剣、更にやや赤味の強い木製グリップが付けられた末期型銃剣等がある。
 
写真上は木製グリップを付けた銃剣を、騎兵タイプと分類される剣差しに入れた物。写真下はベークライト製グリップを付けた銃剣を、折畳 み式スコップ用と分類される剣差しに入れた物である。
 
   
       Kar98用銃剣その1 : 木製グリップ付きの銃剣の展示。
       Kar98用銃剣その2 : ベークライト製グリップ付きの銃剣の展示。
       銃 剣差し : 銃剣差しのバリエーションの展示。
   
ホームに戻る
資料 館トップへ

本サイトに掲載されている文章及び画像の 無断転載はお断りします。Copyright  2003  STEINER

16.Jan.2003 設置
  
   inserted by FC2 system