ドイツの文字
   
はじめに
 
ドイツの古い文献を読もうとすると、ドイツ語の単語以前に独特の文字に面食らった方も少 なく無いのではないだろうか?。今回はこれから一次資料等を読んでみようと言う方の為に、ドイツで使われていた”ドイツ文字”(Fraktur:フラク トゥーア)と”筆記体”(Suetterlin:ジュッタリーン)の一覧表を作成してみたので、是非挑戦してみて貰いたい。
もっとも、フラクトゥーアにもバリエーションがある上に、筆記体の方は、この表を見たか らと言って、簡単に解読出来る訳ではないのだ が・・・(笑)。
   
ドイツ文字
 
昔の大学でドイツ語を学ぶ時は、まずこのドイツ文字を覚えなくてはならなかったそうだ が、現在ではドイツの若者でも読めない者がいるほど古典的な文字となっている。
ドイツ文字は、平ペンと言う筆記用具で書いた文字なので、縦方向の線が太く横方向の線が 細くなっている。よくオールドイングリッシュ(ゴシック)文字と間違われるが、これは別物である。活版印刷の発明で普及したが、後に世界的にラテン文字が 普及したため、独特の筆記体と共にヒトラーによって廃止された。
    
ラテン文字
ドイツ文字
筆 記 体
名  称
A a
アー
B b
ベー
C c
ツェー
D d
デー
E e
エー
F f
エフ
G g
ゲー
H h
ハー
I  i
イー
J  j
ヨット
K k
カー
L l
エル
M m
エム
N n
エン
O o
オー
P p
ペー
Q q
クー
R r
エル
S s
エス
T t
テー
U u
ウー
V v
ファオ
W w
ヴェー
X x
イックス
Y y
ユップスィロン
Z z
ツェット
β又はSS
エスツェット
Umlaute

ウムラオト
   
ホームに戻る
ド イツ語のすすめに戻る

本サイトに掲載されている文章及び画像の無断転載はお断りします。Copyright  2000  STEINER

28.Feb.2000 公開
08.May.2010 更新
inserted by FC2 system